ご 挨 拶

GSS東京サンビームズ
​代表 笛木 彰

いつもGSS東京サンビームズをご支援くださり心から御礼を申し上げます。

2021-22年シーズンの活動が終わり、この一年間を静かに振り返る時間が今ようやく持てるようになりました。

国体都予選、Vサマーリーグ、天皇皇后杯関東ブロック大会、そしてV2リーグ戦と折からのコロナウイルスの感染問題と対峙しながら選手ともども懸命に戦って参りました。

それぞれの大会での結果は十分に満足いくものではありませんが、昨シーズンのリーグ戦途中での離脱という無念さを考えればよくやったと選手を労いたいと思います。

オフの間にチームとして足りない点を追求し、来るべき新シーズに向けて課題をひとつひとつ乗り越えていきたいと思います。

 

 さて、時は春爛漫。「春風や闘志抱きて丘に立つ」毎年同じ詩を詠み誠に恐縮ですが、

まさしく現在の心境を表しています。 新しいシーズンは昨年、中途入社した2選手(菊地零、槇森有香)と新卒者1名(重田美音)を加え計3名の部員を受入れました。

一方で昨シーズンのリーグ戦を最後に6名の選手が現役を引退(全員が社業に専念)することを皆さまご報告申し上げます。

 キャプテンの松浦未波をはじめ6名の選手には採用時からそれぞれに思い入れがあり、いつかはこの日が来ると覚悟はしていたものの、私にとりましては特別な感慨を禁じ得ません。 「仕事とバレーボールの両立」と「バレーボーラーである前に人として自立する」というチームの方針を立派に実践してくれたことを何より嬉しく誇りに思います。

これからは仕事が中心となると思いますが今まで以上の活躍と、心豊かな日常生活が送れることを切に祈っています。

 

 最後になりましたが、今シーズンも変わらぬご指導とご支援をお願い申し上げます。

 

                                 令和4年4月